医療法人藤和会 藤村病院

住所

医療法人藤和会 藤村病院

お知らせ

4コマで見る~介護のハテナ~ 2019.08.22

取り組んでいること、思い

1975年に藤村病院を創設して以来、ここ大和郡山の地元に根付き、療養病床を守り続けてきました。
その病院が経営しているサ高住だからこそ、できることがあります。

CASE3 主人が亡くなって一人暮らし・・・「何を基準に選べばいい?」

同じ「サービス付き高齢者向け住宅」と言えど、経営母体はさまざま。

特養を運営出来るのは、社会福祉法人だけですが、それ以外のサービス付き高齢者向け住宅や、有料老人ホームは様々な企業が運営しています。私たちのような医療法人もあれば、不動産会社、介護用品メーカーさんなど、様々な業種が参入しています。

経営母体が変われば、施設の特徴も変わります。

不動産会社が運営している施設は設備が豪華、介護用品メーカーが運営する施設は新しい介護用品が充実しているなど、経営母体によってその特徴は異なります。
サ高住として認可されるために必須なのは1:安否確認や生活相談などのサービスがあること、2:高齢者の安心を支えるバリアフリー構造であること。この2点だけです。
つまり設備を重視するのか、価格を重視するのかー。同じサ高住でも人によって「良い施設」は、異なるものなのです。

藤和会の介護

私たち藤和会は医療法人。藤村病院を核として居宅介護支援・通所リハ・ショートステイ・訪問(診療・看護・リハ)、グループホーム事業、鍼灸院など、自立した老後の生活から最期の看取りの瞬間まで、ずっと見放すこと無く、見守り続けられる医療体制が最大の特徴です。

ここ郡山の地元に根付き、療養病床を守り続けてきました。

1975年に藤村病院を創設して以来、ここ奈良県郡山の地で、「かかりつけ医」の役割を果たしながら、地域医療に専念してまいりました。ご利用者様や患者様には、個別の症状・ご希望に応じて柔軟な医療サービスをご提供できるよう、当グループ内だけでなく、昔から築いてきた地域医療ネットワークも駆使して、最善の医療体制を構築しています。

  • 藤村病院
  • おだやか
  • なごやか

藤村病院