トップページ > 藤村病院

藤村病院について

藤村病院を「かかりつけ」にして下さっている患者さんとその御家族へ

“かかりつけ医”とは

“最初から最期まで同じ医師が診ます

病院側の都合で担当医を変えることがないので、患者様の心理状態、生活環境など、カルテでは残しにくいことも個別に把握し、“診守って(みまもって)”いきます。

24時間いつでも診ます

医師は施設近隣に居住しているので、いつでも連絡があればかけつけます。救急外来等で夜勤当直の知らないお医者に診てもらう、そんな不安はありません。

病状が変わっても続けて診ます

急性期医療など専門外の治療が必要となり、他の医療施設をご紹介した場合も、無責任に手放すことはいたしません。治療が終われば引き続き、診守っていきます。

診療科目

老年内科

  • 老化による体の不調、物忘れでお悩みの方
  • 複数の症状・病歴が重なり、受診すべき科目の判断に迷われている方
  • 生活習慣病など総合的な診療を受けたい方
  • 病気のほか、療養や介護、介護保険・福祉制度利用についての相談をご希望の方

消化器内科

  • 胃腸症状や肝炎・胆石・膵炎などでお悩みの方

呼吸器内科

  • 喘息・睡眠、喫煙などの呼吸器障害でお悩みの方

循環器内科

  • 心臓病や血管の病気でお悩みの方

心療内科  ※火曜・水曜・金曜の午後・土曜のみ

  • ストレスによる体調不良にお悩みの方
  • 心身共にバランスを崩し、気分も体調もすぐれない方

リハビリテーション科

  • 体の痛みや凝りにお悩みの方
  • 体力や筋力の低下などにより、身のこなしが思うように出来ず、日常生活に支障が出てきた方
  • 自分にあった靴・杖・コルセット・サポーター等を選びたい方

放射線科

  • 全身CT
  • 胃大腸の造影
  • 腎盂膀胱造影 等の検査を受けていただけます

施設紹介

藤村病院外観写真

外観通院治療と入院治療の両方に対応。通所リハビリテーション「ほがらか」も併設されています。

病室写真 病室

広くゆったりとした4人部屋をご用意しています。その他、特別個室(4室)もございます。ベッド数/45床

リハビリルーム写真 リハビリルーム

通院患者様、入院患者様ともにご利用いただけるリハビリ環境を整えています。

浴室写真 浴室

入浴介助が必要な方もご利用いただきやすいよう、ゆったりとしたスペースを確保しています。

レクリエーションルーム写真 レクリエーションルーム

季節ごとのイベントが開かれたり、入院患者様が集うフリースペースとしても利用されています。

面会時間 午後1時〜午後7時

施設基準

  • 20対1 療養病棟入院基本料1
  • 療養病棟療養環境改善加算1
  • 薬剤管理指導料
  • 運動器リハビリテーション(Ⅲ)(Ⅲ介)
  • 呼吸器リハビリテーション(Ⅱ)
  • CT撮影及びMRI撮影(4列以上16列未満のマルチスライスCT)
  • 酸単
  • 診療録管理体制加算2
  • データ提出加算1
  • 在宅復帰機能強化加算
  • 在宅療養支援病院(支援病3)
  • 入院時食事療養(Ⅰ)・入院時生活療養(Ⅰ)
  • 在宅時医学総合管理料及び特定施設入居時等医学総合管理料
  • がん治療連携指導料計画策定病院 : 奈良県総合医療センター
  • 地域連携診療計画管理料・地域連携診療計画退院時指導料(Ⅰ)及び(Ⅱ)
    計画管理病院 :
    • 奈良県総合医療センター
    • 奈良県西和医療センター
    • 医療法人社団松下会 白庭病院
    • 市立奈良病院
    • 独立行政法人国立病院機構奈良医療センター

外来・予防接種・各種検診

外来 “かかりつけ医”が診療いたします。 診療時間:表


検査のご案内

定期検診から、発病後の検査まで、適切な調査を実施出来る体制を整えています。

  • 電子内視鏡 (上部消化管内視鏡・大腸内視鏡・気管支鏡)
  • 各種造影検査
  • デジタルラジオグラフィー(FCR)
  • 胸部断層撮影
  • 腹部エコー
  • 心エコー
  • CT検査
予防接種のご案内

詳しくはお電話にてお問い合わせ下さい。
事前のご予約をお勧めいたします。

各種検診
  • 大腸がん検診(随時、二次精密検査指定医療機関)
  • 胃がん検診(随時、二次精密検査指定医療機関)
  • 特定健康診査

入院・面会時間

入院 療養型病床で慢性期医療に対応。
入院の手続き
  • 入院時、個室をご希望の方はお申し出ください。
  • 健康保険、国民健康保険でご入院の方は「保険証」、種々の医療証をお持ちの場合は「医療証」も必ずご提出ください。
  • 入院される方は、入院申込書・誓約書に記入の上保証人と連署捺印して受付事務所にお出しください。
会計について

入院料金は...

  • 医療保険入院の方の場合/
    毎月10日・20日・月末の3回に分けて請求

※1階会計受付にてお支払いください。
※退院の際、当日までの分をお支払いください。
※室料(個室) <2A・2B・3A・3B> 1日あたり、 各室5,000円

(消費税別途)

入院時の持ち物
  • 寝巻き(前あき)、肌着類、上履き
  • 洗面用具(歯みがき剤、歯ブラシ)
  • 湯のみ、箸、スプーン、フォーク、やかん又はポット、らく呑み等
  • タオル、バスタオル(入浴時に使用するバスタオル、フェイスタオル、毎朝洗顔時のハンドタオルは病院でご用意します)

※寝具一式は病院にて完備いたしております。
※貴重品は盗難予防のため、なるべくご持参にならないでください。
※その他患者様の病状、介護度により準備していただくものは
 多少異なります。

食事について
  • 食事はすべて医師の指示により病院で治療食を用意します。
  • 病気の症状によって食べ物に注意しなければならないことが多いですから、病院の指示以外のものを食べたいときは医師によく聞いてからにしてください。

※入院時食事療養費/料金は一定金額をご負担していただきます
 一般の方/780円(3食)(一食あたり260円)

※配膳時間

配膳時間

面会時間

午後1時~午後7時

入院相談
  • 相談窓口/藤村病院、居宅介護支援事業所、グループホーム

※毎日、午後から藤村病院の医師が相談を承ります。
 (事前にご連絡ください)

在宅サポートについて

訪問看護・訪問リハビリテーション

  • ・悪性腫瘍で病院での入院治療を終了された方
  • ・高齢で足腰が立たなくなり、寝たきりとなった方
  • ・認知症が高度で通院できなくなった方
  • ・脳血管後遺症による寝たきり状態の方
  • ・慢性呼吸器疾患にて酸素や人工呼吸器を装着している方
  • ・神経難病(パーキンソン症候群やALS、筋ジストロフィー)にて寝たきりの状態の方
  • ・胃ろうや尿道カテーテルを使用している方
  • ・その他病院や医院へ通院が困難な方※ご家族様へのフォローとして
    介助方法や医療機器の指導も行います
内容 患者様の『病院へ通院出来ない』や『家に居たい』を支えるために、医師がご自宅を訪問し、診療、治療、薬の処方、及び療養上のアドバイス等をさせていただきます。
訪問診療(定期訪問) あらかじめ訪問日時を決めて、計画的・定期的に自宅を訪問して診察を行うもので、病状が安定している場合は2週間に1回の割合で診療いたします。ただし、在宅での緩和ケア、看取りをご希望される場合は、症状に応じ頻回訪問を行います。
往診(臨時訪問) 具合が悪いときなど、患者さんの求めに応じて行う訪問診療です。24時間の電話対応と往診を行います。症状や状況よっては、電話のみの対応、指導で様子を見てもらう場合、救急車を要請し当院まで搬送をお願いする場合があります。
内容 医師の指示のもと、在宅の方や看護が必要な方に、家庭を訪問し、住み慣れたご自宅等で療養できるように総合的な看護を行います。
  • 健康状態の観察と助言、相談
  • 検査、治癒促進のための看護(処置、医療機器や器具使用者へのケア、服薬指導・管理など)
  • 日常生活の看護
    (清潔のケア、食生活のケア・排泄のケア、コントロールなど)
  • 精神・心理的な看護
    (不安な精神・心理状態のケア、生活リズムの調整など)
  • 終末期の看護
    (痛みのコントロール、看取り体制への相談など)
内容 1対1もしくは1対ご家族様で自宅にて行う訪問リハビリテーションは自宅で生活する為の環境整備から、その力を維持・向上していくために目標を設定し動作訓練を行います。筋力トレーニングなどの機能訓練のみを行うだけではなく『現在の能力を普段の生活で使い続けていく事が重要』になります。
  • 移動手段(歩行や車椅子など)の検討や訓練
  • 日常生活の動作の訓練(食事、排泄、入浴など)
  • 必要な福祉用具や住宅改修についての検討・アドバイス(手すり、車椅子、食具、コミュニケーション機器等)
  • ご自宅で行える運動や動作の指導
    (ご本人様、ご家族様、また必要に応じ介護サービスの担当者への指導)
  • 相談、精神的支援(ご本人様、ご家族様)

レスパイト入院とは?

内容

  • 介護するご家族様の立場に立って考えられた医療保険適用の入院サービスです。介護保険を用いたショートステイのように、要介護度に応じた支給限度額を気にする必要がなく、自由に入院期間を設定できます。
  • 介護するご家族様の心身の疲労を回復させることや、居宅療養中に依存的になったご本人様に対して集中的なリハビリテーションを行なうことを目的とする場合にご利用いただく入院制度です。

対象者

  • 入院の必要がある患者様だという判断を医師が下せば、どなたでもレスパイト入院は可能です。入院可能な人数などは設定されていません。病床が利用できる範囲であれば何人でも受け入れ可能です。

利用方法

  • 初めてレスパイト入院を利用される場合、まずはご家族様またはケアマネージャーよりお電話下さい。日程調整の上、担当医様の紹介状または、ケアマネージャーなどが作成した病状のサマリーをご持参頂き、ご家族様とご面談のうえ、入院期間を決定いたします。
    2回目以降のご利用の際は、電話での事前申し込みでご利用日程の決定が可能です。

料金

  • 日額1,000~5,000円程度(1割負担の場合)
    ※患者様の所得によって自己負担限度額が異なります。またおむつの使用頻度によってもご負担額は変動します
line

PAGE TOP